髪を発毛させる事も大事ですが、抜け毛の本数を少なくする事も薄毛の脱出方法の一つではないでしょうか。


ここでは、抜け毛の種類を紹介します。


遺伝による抜け毛、フケが原因の抜け毛、シャンプーやリンスによる抜け毛、パーマ、髪型による抜け
毛、頭蓋骨の成長による抜け毛、食べ物や水道水による抜け毛、生活習慣や食生活の乱れによる抜け毛、内科的疾患による抜け毛、血液循環の悪化による抜け毛、紫外線による抜け毛、喫煙による抜け毛、帽子やヘルメットの着用よる抜け毛など、沢山あります。


良く知られている物から、あまり聞いたことのない抜け毛の原因もあります。


帽子やヘルメットの着用が、抜け毛の原因となる場合

帽子やヘルメットを長時間、着用していると、頭皮が蒸れ、毛髪に十分な栄養が行き渡らなくなり、これが抜け毛の原因になると考えられています。


帽子やヘルメットを長時間着用しなければいけない場合は、着用後、シャワーなどでよく汚れを落とし、頭髪や頭皮の清潔を保ちましょう。つまり、汗などの汚れが、頭皮に付着しやすくなっているということです。


改善方法として、頭髪や頭皮を清潔に保つことが、抜け毛の予防に繋がります。しかし、紫外線による抜け毛もありますので、帽子をかぶってはいけないということはありません。日中、日差しが強く紫外線の強い日など、毛髪表面のキューティクルを守るためには、帽子をかぶったほうが望ましい場合もありますので、抜け毛の予防のために帽子をうまく活用しながら、着用後の頭髪や頭皮のケアをしっかり心がければ、髪毛や抜け毛の予防に繋がります。


紫外線のダメージが抜け毛の原因となる場合

お肌にとっても紫外線はシミや皮膚がんなどの原因で肌によくないと言われていますが、頭皮も肌の一部ですので、やはり紫外線を受けるのはよくないようです。


紫外線を浴びることで頭皮が日焼けした状態になったり、髪の毛の水分が奪われ、パサパサした乾燥した状態になってしまいます。肌や症状にたとえると、日焼けはヤケド、パサパサ乾燥は脱水症状、髪にとって非常に危険な状態です。そんな状態では、発毛はおろか、抜け毛の原因といえます。


紫外線を対策として、夏などの紫外線の量が多い時期は、やはり日傘や帽子をかぶるなどの紫外線対策でしょう。その分しっかりと、頭皮を洗浄することを心がけ、しっかりと抜け毛対策をしておきましょう。


発毛させるには、まず、頭皮環境を整え、抜け毛を減らす必要があるのは、もう、ご存知ですよね。
頭皮環境が良くならないと、発毛には繋がりません。だからこそ、頭皮環境を良くしてくれる発毛剤が必要になって来ます。
発毛剤売れ筋サイトでは、そのニーズに答えた発毛剤を売れ筋別に調査し、色々な角度からランキング化して 表示しています。是非、自分に合った発毛剤を見つけ、頭皮環境を良くして、抜け毛を減らし、発毛に繋げてください。

女性用育毛剤についてはこちら